お肌の老化に伴うお悩み別スキンケア大辞典

乳液と化粧水でシワを予防

シワを予防・改善するためには、シワの原因を正しく知っておかなければなりません。

 

最も多い勘違いは、「シワは肌の乾燥によってできている」というものです。
乾燥は、シワの原因の一つですが、乾燥によるシワは、見えるか見えないかの浅いものだけでです。

 

はっきり見えるシワは、乾燥ではなく、肌のコラーゲンの減少などによってできたものです。

 

シワは、大きく3種類に分けられます。

 

(1) ちりめんジワ

 

ちりめんジワとは、目元などにできる浅いシワです。
主に乾燥が原因ですから、肌に十分なうるおいを与えれば回復します。

 

(2) 表情ジワ

 

表情ジワは、笑った時などに表れるシワのことです。
表情を元に戻すとシワも見えなくなります。

 

(3) 真皮のシワ

 

真皮のシワは、コラーゲンが減って真皮が弾力を失い、
表情ジワが元に戻らなくなったものをいいます。

 

このように、シワには種類がありますが、
女性が気にするシワの殆どは、真皮のシワです。

 

このようなシワの対策としては保湿も大切ですが、
もっと大切なのは、コラーゲンを増やすケアです。

 

シワはいったんできてしまうと、消すことが難しくなります。

 

日頃から予防のためのケアを行うようにしましょう。

色々なシワ

目の下の小じわ

 

した瞼のたるみによってできます。
進行するとクマのようになります。

 

目の下の小じわは、皮膚が薄い部分なので、
レチノール配合の化粧品やピーリングなどのセルフケアの効果が比較的現れやすいです。

 

額のシワ

 

額のシワは、眉をあげる癖がある人にできやすいシワです。

 

老化によって上瞼が下がってくると、無意識のうちに眉を上げていることもあります。
髪の毛を結うなど、頭皮を引っ張る事も額のシワの原因になります。

 

皮膚が硬く厚いので、スキンケアでの改善が難しいです。
消したい時には、ボツリヌス注射などの美容医療を検討してみましょう。

 

目じりのしわ

 

目じりのシワは、笑い上戸の人にできやすいシワです。

 

ルチノール配合の化粧品によるケアが効果的です。

 

口の周りの縦ジワ

 

口の周りの縦ジワは、タバコを吸う人や歯肉が痩せている人にできやすいです。

 

ほうれい線のシワ

 

ほうれい線のシワは、シワというよりたるみです。
頬全体がさがってきているので、ほうれい線の部分だけをケアしても改善できません。

 

ほうれい線のシワは、美顔器で顔全体の超音波式マッサージをするのがおススメです。
どうしてもほうれい線のシワを消したい場合は、美容外科でのヒアルロン酸の注入を検討してください。