お肌の老化に伴うお悩み別スキンケア大辞典

くすみはピーリングで解決

くすみの原因は色々ですが、
皮膚科学的に「くすみ」とは、「角質層が厚くなったことによるもの」です。

 

他人が見ても分るシミやシワなどと異なり、
「何となく顔色がさえない」というくすみは主観的なもので、
肌がどのような状態のときにくすみを感じるかは、人それぞれです。

 

20代くらいまでの肌のように、
28日サイクルでターンオーバーをくり返していれば、
肌の奥からどんどん新しい表皮細胞が押し上げられ、
古い角質細胞が剥がれ落ちていきますが、
加齢と共にターンオーバーのペースが遅くなってくると、
古い角質細胞が剥がれ落ちず表面に残ってしまい、
肌の表面にたまるので、肌がくすんで見えてしまいます。

 

このようなくすみのケアに有効なのは、ピーリングです。

 

ピーリングとは、酸などの働きで古い角質を取り除くものです。
手軽に使うことが出来るピーリング化粧品でセルフケアをしてみましょう。

 

自分で行うピーリングは、一週間に1・2回で十分です。
一週間に1・2回のピーリングを行うことによって、
ターンオーバーが活発になり、肌の透明感や弾力がアップします。

 

セルフピーリングを行っても改善しない場合は、
美容皮膚科に相談してみてください。
古い角質以外のものがくすみの原因になっている可能性もあります。

 

ピーリングは、肌が少しピリピリするものが効果的です。
肌に着けたときに少しピリピリしているのは、
ピーリングの効果が現れている証拠です。
しっかりピーリングを行う事ができていれば、
洗い流した後の肌がツルツルしますよ。

 

肌に優しいピーリング剤は、洗い流すタイプのピーリング剤です。
拭き取るタイプや、こすって角質を取るゴマージュは刺激が強いので注意をしましょう。

 

また、肌の調子が悪いときには、ピーリングは行わないようにしてください。

 

極端に肌が乾燥しているとき、痒みがあるときなどは、
ピーリングは控え、肌に調子が良いときを選んで行うことでより効果が高くなります。

 

そして、ピーリングの後は、保湿効果のある美容液などでしっかり保湿をし、
肌の再生を促しましょう。
肌が敏感になっているので、紫外線対策もしっかり行ってくださいね。

手作りピーリング剤の作り方

ピーリング剤は、薬局で手に入る材料で簡単に作ることが出来ます。
ニキビやくすみなどに有効ですよ。

 

ニキビあとや小じわを治したい場合は、クリニックでのピーリングを検討してみてください。

 

手作りピーリング剤の材料

 

クエン酸 10g
精製水 100ml
清潔な空き容器

 

手作りピーリング剤の作り方

 

熱湯消毒した空き容器に、クエン酸と精製水を入れて、
クエン酸が溶けるまで混ぜ合わせます。

 

手作りピーリング剤の使い方

 

(1) 洗顔後、手にピーリング剤をとり、顔全体になじませます。

 

(2) 30秒ほど時間をおき、ぬるま湯で十分にすすぎます。

 

(3) 普段使っている化粧水や美容液でしっかり保湿をします。

 

肌がピリピリしてきたら、30秒経っていなくてもすぐにすすぎましょう。
慣れてきたら、1分ほどまで時間をのばしても良いでしょう。