お肌の老化に伴うお悩み別スキンケア大辞典

美白化粧品の選び方

美白化粧品を選ぶ時には、成分を確認してから選びましょう。
シミ対策には、美白成分が入っている化粧品を選ぶことが第一です。

 

ネーミングやパッケージだけで「美白っぽい」化粧品を選んでしまいがちです。
ですが、美白化粧品選びの条件は、美白成分が配合されているものを選ぶことでことです。

 

美白成分とは、肌の中でメラニン色素が作られるのを抑える働きがあるもののことで、
美白アイテムを買う時には、化ならず成分表示を確認し、
美白成分が含まれていることを確認してください。

 

成分でうまく見つけられない場合は、「医薬部外品」の表示がある者を選びましょう。

 

医薬部外品とは、薬と化粧品の中間のような位置づけにあるもののことです。
厚生労働省が効能を認めた美白成分が含まれているものには「医薬部外品」の表示があります。
ただし、医薬部外品のほうが、そうでない化粧品と比べて効果があるか?
というと、必ずしもそうではない場合もあります。

代表的な美白成分

メラノサイトに働きかけるエンドセリンの働きを阻害する成分

 

カモミラET、t-AMCHA(t-シクロアミノ酸誘導体)、トラネキサム酸

 

メラニン色素が作られるのを阻害する成分

 

エラグ酸、アルブチン、ルシノール(4-n-ブチルレゾルシノール)、ビタミンC誘導体、
プラセンタエキス、リノール酸、トラネキサム酸、油溶性甘草エキス(グラブリジン)、
ハイドロキノン、マグノリグナン

 

メラニン色素の排泄を助ける成分

 

4MSK(4-メトキシサリチル酸カリウム塩)、エナジーシグナルAMP(アデノシンーリン酸ニナトリウム)

メラニン色素の作られ方

(1) 情報伝達物質が分泌される

 

表皮細胞に紫外線が当たると、エンドセリンという情報伝達物質が分泌されます。

 

(2) メラノサイトにはたらきかける

 

エンドセリンが、メラノサイトに働きかけ、メラニン色素を作る指示を出します。

 

(3) メラニン色素がつくられる

 

メラノサイトのなかで、まずはチロシンというたんぱく質が作られます。
そして、チロシナーゼという酵素の働きで、チロシンがメラニン色素に変化します。

 

(4) メラニン色素が分泌される

 

メラノサイトから分泌されたメラニン色素は、ターンオーバーによって角質層へ上がっていきます。

 

 

ターンオーバーが正常であれば、メラニン色素は垢と一緒に剥がれ落ちますが、
ターンオーバーが遅くなっていると、メラニン色素が排泄されず、表皮に残ってしまいます。