お肌の老化に伴うお悩み別スキンケア大辞典

シミのケア

シミの多くは老人性色素斑です。
シミは、シミの種類に合わせて正しいケアをすることが必要です。

 

シミが気になり始めると、美白化粧品でケアをする人が多いのですが、
どのようなシミにも美白化粧品が効くわけではありません。

 

また、CMの影響のためか、シミ=肝斑だと判断し、
肝斑に効くという薬を飲み始める人もいます。
ですが、どのようなシミにも肝斑に効くといわれる薬の効果があるわけではありません。

 

女性が気にするシミの多くは、老人性色素斑で、いわゆる日焼けによってできたシミです。
肝斑であれば、肝斑に効く薬を飲むのも良いですが、
老人性色素斑であれば、やはり美白化粧品を使うことが必要になってきます。

 

美白化粧品は、皮膚の中でメラニン色素が作られるのを防ぐという働きがあります。
つまり、今できているシミではなく、これからできてくるシミの予防をする作用が大きいものです。
ですから、シミができたからといって、美白化粧品をむやみに使い続けても効果は得られません。

 

できてしまっている老人性色素斑は、皮膚の中でメラニン色素が増えているだけではなく、
皮膚の構造自体に変化をきたしているものなので、
美白化粧品を使ってもあまり薄くなりません。

 

美白化粧品でシミを消そう!と思っていると、「全く効果が無い!」ということもあります。
美白化粧品はこれからできてくるシミを予防するものですから、
シミの部分に刷り込むのではなく、顔全体に使うようにしましょう。