お肌の老化に伴うお悩み別スキンケア大辞典

ニキビができてしまったときのケア

ニキビができてしまうと、肌に負担がかかりそうでメイクをするのを躊躇います。
ですが、ニキビができていてもUV対策のために、最小限メイクが必要です。

 

大人ニキビには、思春期にできるニキビとは違う特徴があります。

 

大人ニキビの特徴は、皮脂が多いTゾーンではなく、乾燥しがちなあごの辺りにできやすいこと、
いたんできたニキビは治りにくく、跡が残る事も少なくありません。

 

また、睡眠不足や生活リズムの乱れ、ホルモンバランスの乱れや運動不足、
ストレスの蓄積、免疫力の低下、食事の偏りなどが原因となります。

 

そして、ニキビができるのは、毛穴出口の角質が厚くなり、
毛穴がふさがれることがきっかけとなり、
出口がなくなった毛穴には、皮脂がたまります。
すると、皮膚の常在菌であるアクネ菌が皮脂をえさにして増殖します。
こうなってしまうと、毛穴に炎症が起こります。

 

ストレスや睡眠不足などによるホルモンバランスの乱れ、
免疫力の低下は、角質肥厚やアクネ菌の過剰な増殖を引き起こすきっかけになります。

 

ですから、大人ニキビを予防し、改善するためには、
生活習慣を見直して体調を整えること、肌の状態に併せたスキンケアを心がけることが必要です。
スキンケアは、洗顔が基本、そして保湿が大切ですが、
紫外線による影響が大きいので、紫外線によるダメージを肌に与えないようにすることが必要です。

 

ニキビができているときでも、紫外線から肌を守るケアは欠かせません。
紫外線を浴びてしまうと、ニキビが治りにくくなるばかりか、
ニキビ跡がシミのように残ってしまうこともあるので注意が必要です。

ニキビができてしまったときのケア

ニキビ跡が陥没した

 

ニキビの炎症で毛穴が破壊されてしまった状態ですから、
セルフケアでは治せません。
皮膚科でピーリングやレーザーなどの治療を受けることによって改善することができます。

 

ニキビ跡が茶色っぽいシミになった

 

炎症性色素沈着を起こしている状態なので、
美白成分が配合された美容液などでケアをすることが必要です。
即効性のあるピーリングをするのも良いでしょう。

 

ニキビ跡に赤みが残った

 

肌の赤みを抑える作用があるビタミンCを補給しましょう。
美顔器でイオン導入を行ったほうが、さらに効果が高まります。