お肌の老化に伴うお悩み別スキンケア大辞典

クマの種類

目の下のクマは、疲れた感じやふけた印象を与える理由の一つです。

 

ひとくちに「クマ」といっても色々な種類があります。
クマの原因は、睡眠不足だというイメージなので、
クマが目立ってくると睡眠をとろうと思う人も多いと思いますが、
睡眠では改善しないクマもあります。

 

まずは、クマの種類を見分け、適切なケアの方法を考えていきましょう。

 

クマには、「青グマ」、「黒グマ」、「茶グマ」があります。
このうち、本当の意味で「くま」といえるのは、青グマです。

 

どのクマも、目立つかどうかには個人差があり、
肌の色や顔の骨格によっても見え方が違ってきます。

 

青グマ

 

青グマは、疲労などによって目の周りの結構が悪くなり、
うっ滞した血液が肌を通して青っぽく見えるものです。

 

色白の人や、肌が薄い人は目立ちやすい傾向があります。

 

黒グマ

 

黒グマは、肌のたるみによっておきるものです。
もともと薄い瞼の皮膚が加齢によってハリを失うと、
目の周りの脂肪を支えきれずにたるんでしまいます。
このたるみによって、下瞼とほほの間に黒っぽい陰ができます。

 

茶グマ

 

茶グマは、目の下に小さなシミがたくさんでき、
それが繋がってクマのように見えるものです。
瞼の皮膚は、他の部分に比べてメラノサイトの活動が活発で、
色素沈着を起こしやすく、目をこする癖などが茶グマの原因になります。

 

クマの予防

このように、クマには「青グマ」、「黒グマ」、「茶グマ」がありますが、
それぞれ原因が異なります。
ですから、予防や改善に役立つケア、目立たなくする方法もそれぞれ異なります。

 

青グマ

 

青グマの場合、第一に心がけたいのが血液循環を良くすることです。
適度な運動をすること、つぼ押し、日頃から体を冷やさないようにすることも大切です。

 

青グマは、薄い肌を透かして見える血液のよどみなので、
コラーゲンを増やして肌をふっくらさせることで、クマを目立たなくする事もできます。

 

黒グマ

 

黒グマは、肌のたるみによるものです。
コラーゲンアップがケアの第一です。

 

毎日のケアに、ビタミンC誘導体やレチノールが配合された化粧品を取り入れたり、
提起的なピーリングを行って、お肌のターンオーバーを促すのもおすすめです。

 

顔がむくんでしまうと、黒グマはより目立ったしまいます。
冷たい飲み物や、塩分のとりすぎに注意しましょう。

 

また、コンシーラーで隠そうとするとかえって目立ちます。
黒グマは肌の変色ではなく、陰なので、コンシーラーでは隠せません。

 

茶グマ

 

茶グマは、シミや色素沈着によっておきるので、美白ケアを行いましょう。
美白成分入りの化粧品、ピーリングによる肌のターンオーバーの活性化も効果があります。

 

黒グマのケア

黒グマのケアは、コラーゲンを増やす、むくみを防ぐことがポイントです。

 

毎日のケアでは、ビタミンCを補給しましょう。
コラーゲンが作られる際に、ビタミンCが必要です。
ビタミンC誘導体(リン酸アスコルビル)配合の化粧水で、ビタミンCを補給しましょう。

 

また、コラーゲンアップに役立つレチノールは、シワを予防するアイクリームなどに配合されています。
レチノールでふっくら肌を目指しましょう。

 

古い角質をピーリングで取り除く事も大切です。
ターンオーバーを活発にし、コラーゲンを増やすのにピーリングは有効です。

 

顔がむくんでしまうと黒グマがさらに目立ってしまいます。
冷えによる血行不良、塩分のとりすぎなど、
むくみの原因となる生活習慣に注意しましょう。

 

黒グマは、セルフケアがとても難しいです。
どうしても気になるときには、美容クリニックで相談してください。
皮膚にハリを出すレーザーや、ヒアルロン酸注入などの治療法があります。

茶グマのケア

茶グマのケアは、美白ケアと、厚くなった角質をとることが第一です。

 

茶グマは、シミが原因なので、ケアの方法はシミのケアと同じです。
美白成分が配合された美容液などで日々のケアを行いましょう。

 

角質が厚くなって肌がくすんだようになっている時は、
セルフピーリングで古い角質を取り除きます。

 

また、紫外線はシミの原因になるので、
短時間の外出でもパウダーファンデーション、帽子や日傘で紫外線対策をしましょう。

 

瞼の皮膚は薄いので、こすると角質が厚くなったり、色素沈着を起こします。
目をこする癖も、茶グマの原因になります。
目をこすらないようにしましょう。