お肌の老化に伴うお悩み別スキンケア大辞典

毛穴のケア

毛穴を引き締めるために、冷水で洗顔をしている人も多いと思います。
ですが、毛穴は冷やしても縮みません。
毛穴が目立ってしまう原因を知り、正しいケアを行っていきましょう。

 

顔の毛穴の役割は、皮脂の出口です。
毛穴の大きい、小さいには、生まれつき個人差があり、
皮脂腺が大きい人は毛穴も大きく、目立ちやすくなります。
オイリー気味の肌の人は、皮脂腺が大きく、毛穴が大きい傾向にありますね。

 

以前に比べて毛穴が広がってきたと感じるのであれば、
それは「たるみ毛穴」かもしれません。
たるみ毛穴とは、年齢を重ねることによってコラーゲンが減ったために、
毛穴が緩み開いてしまっているものです。
コラーゲンを増やすスキンケアを行うこと、
脂とり紙でこまめに皮脂を取り除く習慣をつけることが大切です。

 

毛穴の周りに溜まった皮脂をそのままにしておくと、
皮脂が酸化して過酸化脂質に代わり、肌の老化を進めてしまう原因になります。

 

また、毛穴に何か詰まって黒ずんでいると訴える人の多くは、
実際には、毛穴には何も詰まっていないことが殆どです。
毛穴は「穴」なので、肌に陰ができて、
汚れていなくても黒っぽく見えてしまいます。

 

ですが、皮脂が多い人は、角栓が毛穴に詰まる事もあります。

 

毛穴がざらざらしている場合は、余分な皮脂と角質を取り除くケアを行います。
ですが、毛穴のつまりをとることに必死になりすぎて、
肌を痛めてしまう人も少なくありません。

 

そして、毛穴の汚れを取り除いても、毛穴のサイズは変わりません。

 

目立つ毛穴のうち、たるみ毛穴は頬に多くあり、
毛穴が縦長に伸びています。
年齢を重ねるに連れて、肌も老化し、毛穴の広がりも進みます。

 

ですから、毛穴のケアは、早め早めに行う事が大切です。

 

毛穴のケアでおすすめなケアは、ピーリングやレチノール入りの化粧品を使って
ターンオーバーを活発にすることです。
ターンオーバーを活発にすることによって、コラーゲンを増やすことができます。

 

レチノールは刺激が強いので、使い始めは肌がかさついてしまうこともあります。
ですが、使い続けているうちに落ち着いてきます。

 

角栓詰りは、鼻や鼻の周囲に多くできます。
角栓詰りのケアは、毎日の洗顔によって、皮脂と角質を取り除くことです。

 

洗顔には、余分な油分を含まず、さっぱりと洗うことができる洗顔料を使い、
朝晩キチンと洗うことが大切です。
それでも毛穴がざらついているよう出れば、酵素を配合した洗顔料を使ったり、
週に1.2回、ピーリングを行う事も有効です。

 

酵素入りの洗顔やピーリングには、余分な角質を取り除き、
肌を軟らかくして、毛穴を目立たなくする効果があります。
酵素入りの洗顔も、肌に負担を感じるようであれば、週に1.2回にとどめましょう。

 

剥がすタイプの毛穴パックも、角栓を取り除くのに効果がありますが、
剥がす刺激によって肌が傷ついたり、余計に毛穴が広がってしまうこともあります。
消しゴムかすの様にこすって落とすゴマージュは、刺激が強すぎます。